探偵の調査って、実はリスクだらけ?

探偵は警察官とは異なり、聞き込み・張り込み・尾行で何も職権や効力はありません。
警察官の場合は警察手帳を提示し、一般人から聞き込んだり、場所の提供がされることが多いですが、探偵は監視や撮影のための張り込みで場所の提供をして貰いたくても(探偵)と言ってしまえばその周囲から不審がられ、通常は協力を得れなくなります。
尾行でも、警官はサイレンを鳴らし追跡を優先できますが、探偵は道路交通法も守らなくてはならないため、失敗するリスクが付き物です。
こうした背景から、調査を依頼する側は証拠が取れなくても文句は言えない現状を理解しておく必要があるのです。

プロの探偵でも、リスクを屈っし、成功させるためにはあらゆる準備(用意)と経験値を活かした実装が都度発揮できるかできないかがキーとなるのです。

あなたの事案で問題解決に真剣に取り組む姿勢と、キッチリした手配をして貰える探偵社に遭遇しなければ、結果は期待できない可能性は否定できません。

実際、家事事件・事件で探偵依頼をして知り得たいことが知れず、高額な調査料金を支払うこととなってしまった例ではその業者の本質が調査報告書に現れているのです。

     (A)  7時間(32万円)の調査報告書の中身とは
(B)7百万円以上支払ったと聞く分厚い調査報告書の中身とは
(A)では被調査人の外出(自宅)から出て、わずか100Mでその自家用車を見失い、事前に伝えておいた目的地に車輌を乗り捨てられ、被調査人が出戻るまでの待機とされ、外出の実態は何も明かされていません。
(B)では、企業が絡む詐欺事件ですが、知り得たい本質は全く記載がなく費用対効果は得れていない報告書が提出されています。
(業者を間違えば、ただ分厚いだけで肝心な欲しい部分が撮れていない・・・)とならないために

こうした高額な費用を支払い、必要な情報や証拠が取れていないことは江現代の探偵依頼でも止むことがなく、
請け負った探偵社の利益となるだけで、その責任は業者にはありません。
結果、その業者を選んで依頼した側とされてしまう現実は否定できないのです。

探偵調査は所在調査であっても、100%新住所が判明するとは言い切れず、張り込み・尾行を含む(行動確認調査・浮気不倫)でも、張り込みで不審者通報・尾行で赤信号・突然のタクシー乗車など、法律や道路交通法など守らないとならない状況から成功に絶対性がないことから、証拠が取れなくても文句が言えないことを理解した上での調査依頼となるのです。
しかし、あなたの困りごとに熱意を入れ、成功に努めてくれる探偵事務所もあるので、やはり一任した担当があなたの調査のケース・状況をキッチリ把握し、ミスのない戦略を立てて成功に特化して手配や取次をしてくれる業者が良い結果を齎すと考えられます。

あたなの事案も勝たせます!現状をお聞かせ下さい。

まずは相談だけ、料金だけでも聞いてみたい…

相談したうえで、依頼するかどうか考えたい…

そのような方は、キングリサーチ東京までお気軽にご相談ください。

当社では、問題を抱えた相談者様へ ”信頼”を得ることを最も重要と考えております。虚偽の調査成功率を告げたり、強引な営業は一切致しておりませんので安心です。

親身誠実に相談・アドヴァイス・調査のご提案・見積りをさせていただくことをお約束します

おすすめの記事