現代の探偵業の実態・裏側となるカラクリを知れば悪質業者・高額業者を避けて、適正価格の優秀な探偵へ辿り着くことができます。

ネット上では分からない探偵業の実態と裏側。近代横行する探偵ブローカーはあなたの調査を横流しするだけの業者に注意!
ホームページでは自社で調査すると思っていたが、実態は調査ができる環境ではなかった・・・が横行する訳とは・・・

▲大手探偵社の現場調査の多くは実際(下請けの私立探偵)が調査していることが大半です。

その裏側(実情)として規模を大きく魅せる探偵社では、社員や調査員が多く(自分が依頼した調査は自社で調査するのだとう)と思われがちですが、実際は異なることが多く見られます。(全国共通)

こうした大手探偵社では「広告・宣伝・ホームページ」に莫大な費用を掛け、全国に数十の営業所を構えることにより、(より受件数を上げる)ことと(1件単価を上げる)ことで、(高額な家賃や宣伝費・人件費・維持費)を支払うことができ利益が出せるのです。よって私立探偵より調査料金は高めの設定が多く値します。

また、探偵調査は「今」といった急な事案が多い職種であることから
都心部以外の地方でも、(今お困りのあなたの近所にある)といった安心感から、問い合わせの間口を増やす目的で(人口の多い都道府県・市区町村に営業所)を構える手法が用いられています。
問い合わせ電話は本部へ転送され、常勤した(社員・派遣)電話オペレーターが応対します。

(各支店・営業所)
需要の多い支店には常勤者が1名程いる場合もありますが、普段は面談の場合だけ出向くといった(無人の営業所)も多く値します。

こうした大手探偵社では電話オペレーター(社員・派遣)と、数人の面談員のみで構成されていることが多く、(調査の受任のみをメイン)とする運営が見られます。ホームページでは調査員らしき大勢の集合写真など記載されていますが、実際は自社で調査しておらず、(一番大変な業務となる現場調査は専属の下請け探偵社へ業務を委託するカラクリ)があったのです。調査報告書は、下請け私立探偵から上がった画像と時系列を基に作成され、大手社名で発行されます。
専属の下請け私立探偵陣も、別会社や仲間の事案が先に予定が入っていればその事案を優先し、あなたの調査は誰が行うのかは都度異なることとなります。

依頼した側は知る余地のない話ですが、規模が大きいからといってその探偵社が調査をしているものではないのが探偵業であることを知っておけば、探偵社名・総業歴・成功率●●%・完全成功報酬制・いくら~・事務所の場所・料金・広告で探偵を選んでも万全でないことがお分かり頂けると思います。探偵業を知り尽くす者からしても、調査結果・報告の良し悪しは【手配】であることが歴然として言えることなのです。
基本的に大きく構える探偵事務所の料金は一般の私立探偵料金より、高めに設定されています。

あとは自身のために(良く動いてくれるかどうか)も探偵を選ぶ大きなポイントとなるでしょう!

適正価格で良く動いてくれる探偵をお探しの方は、

あたなの事案も勝たせます!現状をお聞かせ下さい。

まずは相談だけ、料金だけでも聞いてみたい…

相談したうえで、依頼するかどうか考えたい…

そのような方は、キングリサーチ東京までお気軽にご相談ください。

当社では、問題を抱えた相談者様へ ”信頼”を得ることを最も重要と考えております。虚偽の調査成功率を告げたり、強引な営業は一切致しておりませんので安心です。

親身誠実に相談・アドヴァイス・調査のご提案・見積りをさせていただくことをお約束します

おすすめの記事